遺品整理のモデルケース(間取り3K)|遺品整理オラフグループ

 

遺品整理モデルケース(間取り3K)

実際におこなった間取り3Kの遺品整理をモデルケースとして実例紹介します。ご要望への対応や実際にかかった費用、ご遺品の買取りの詳細、細かい部分まで公開します。近い間取りや規模で遺品整理を検討されている方に参考にしていただければと思います。3Kの規模となりますと借家やマンション、アパート等様々になりますが、住宅形態によっても料金は変わります。こちらは賃貸住宅、平屋間取り3Kでの遺品整理の実例モデルケースになります。

 

今回の遺品整理の相談内容

『両親が住んでいた家を遺品整理して欲しい』とのご相談を受け、当社にて遺品整理を担当させていただきました。相談から約1年前に両親が他界してしまい、その後ご自分達で遺品整理を1年かけておこなっていたが、家賃もかかるし思うように進まないから、と内容をお伺いしました。必要な物や大切な物は全て引き取ってあるとの事でしたので、残るご遺品をこちらで全撤去する遺品整理プランをご提案。ご了承をいただきました。不動産オーナーへ確認をしたところ、平屋は退去後に解体予定との事でしたので、家財保証保険を外し、料金を抑える形でご提案いたしました。


作業前の状況

今回ご用命をいただきました住宅内の遺品の状況です。不動産オーナーの意向により、住宅は遺品整理後に解体の為、オーナーに作業の説明と内容を打ち合わせた結果、養生などの作業を省き、基本の遺品整理料金を抑え、その代わりに照明の撤去工事をおこなってほしいとのご要望でした。料金の差し引きが関わりますので、依頼者様も含め、打ち合わせをおこない照明撤去も含めて遺品整理をおこないました。

 

キッチン

小さな物や細かい物は依頼者様で大方の遺品整理が完了しておりました。家具、家電類、大型品をメインに遺品整理をおこないます。

 

6帖間(1)

細かなご遺品が少量、意外は大半が片付いていました。

 

6帖間(2)

ダイニングセットやソファー、食器棚など家具をメインに遺品整理をおこないます。

 

8帖間

寝室はタンスやベッド、ペットゲージなど中型家具から大型重量家具をメインに遺品整理をおこないます。間口から搬出が出来ない大型の家具は、室内で家具解体をおこない、搬出できる大きさにしてから外へ出します。

 

外部物置

外部に故人様で置いた物置がありましたので、解体撤去工事もおこないました。物置の撤去は無料でおこないました。

 

作業完了後

依頼者様で、細かい部分の遺品整理を大分進めておられましたので、規模の割に作業時間は非常に早く完了する事ができました。不動産オーナー様も遺品整理の際の立ち合い確認を見ながらおこなってくれましたので、遺品整理の作業完了と共に、住宅の退去、引き渡しまで完了する事が出来ました。

 

今回お伺いした内容と料金

今回の遺品整理は、人員4名、2トン車2台でお伺いいたしました。作業時間は約4時間でした。住宅前は借家用の私有地になっており、トラックは敷地内の玄関前に常駐することができました。全体の内容と物量が通常の間取りの遺品整理よりも少ない状況でしたので、遺品整理の料金は割引させていただきました。


今回の遺品整理の流れ

今回お伺いさせていただきました遺品整理の作業の流れを紹介します。内容は全て遺品整理の料金に含まれています。遺品整理を依頼した場合、どのような事が実際におこなわれているのかを参考にしてください。

 

現地確認とお見積り

作業内容の打ち合わせ

作業前に近隣様へご挨拶

遺品整理作業

簡易清掃

退去の立ち合い

 

まずは無料相談からどうぞ

遺品整理と一言で言ってもその形は依頼者様それぞれです。オラフグループでは遺品整理のサービス内容をお客様に押し付けるのではなく、お客様1人1人に寄り添った遺品整理プランの形成をおこないます。11年の実績、経験により依頼者様が迷ってしまうような事でも様々なご提案ができるかと思います。まずは無料相談からお気軽にご連絡をいただければ幸いです。少しでもお力になれますよう、スタッフ一同心からお待ちしております。

 

 

『遺品整理の基本サービス一覧』

 

別料金の『オプションサービス』

 

別料金の『オプションサービス』


メール問い合わせ

電話問い合わせ

メール問い合わせ