遺品整理とは?全てを徹底解説|見積無料!遺品整理オラフグループ

 

遺品整理とは?徹底解説します

遺品整理のサービスをご利用される方のほとんどの方が初めてのご利用です。

 

遺品整理のサービスとはどんな事をどこまでやってくれるのか、買取り物以外の回収した遺品は何処へいくのか、どんなリサイクルがされているのか、遺品整理のブラックボックスを見える化して業界専門11年のオラフが徹底解説致します。

 

遺品整理とは

 

主にお亡くなりになられた方の住居を原状回復する事を遺品整理と言います。不用品回収や廃品回収との違いはお片付けの過程にあります。不用品・廃品回収は単に部屋の中の物を全部回収するだけですが、遺品整理の場合は貴重品の探索や思い出物の発見、供養や形見分けのご提案など故人と遺族の懸け橋になれるように慎重に考えながらお片付けを行います。遺品整理の場合は住居のその後の使用の有無によってもどこまで作業をおこなうかが違います。1点から一軒丸ごとまで幅広いです。依頼者様のご希望通りの形にお片付けが完結する事が一般的です。

 

遺品整理は何を何処までしてくれるのか

 

 

『遺品整理ってどんなサービス内容なの?』


 

お問い合わせを頂くほとんどの方からこの質問があります。遺品整理とゆうサービスはメジャーな業種ではない為、サービスのイメージがつかめません。結論から申し上げますとオラフの遺品整理では、お片付けに関するお客様のご要望全てが対応可能です。1点の回収や供養はもちろん1軒全てお立合い無しで丸投げも可能です。

 

遺品整理の基本サービス

詳しくは遺品整理作業の流れ又は遺品整理オラフの特徴を参考にして下さい。

 

遺品整理に付随して困ってしまう多くの事もオプションサービスにて対応しております。

 

 

遺品整理以外のサービスの種類

 

遺品整理のお問い合わせの際に多くの方からこのような相談を受けます。

 

  • エアコンの撤去はできる?
  • 物置も解体撤去できる?
  • 家屋の解体はできる?
  • 不動産売却はできる?
  • 特殊な掃除はできる?
  • リフォームはできる?

 

 

  • エアコンの撤去はできる?
  • 物置も解体撤去できる?
  • 家屋の解体はできる?
  • 不動産売却はできる?
  • 特殊な掃除はできる?
  • リフォームはできる?

 

 

もちろん全て対応可能です。さらにオラフでは遺品整理に寄り添う以下のサービスの対応が可能です。

その後の住居の活用方法により依頼者様のご要望は様々です。ですがその全てに対応できるように充実したオプションサービスをご用意しております。

 

遺品整理で行う分別の種類

 

オラフの遺品整理では、回収品の廃棄指定をお客様が特別にご希望される場合を除き、通常以下のように分別を行います。

 

リサイクル資源

洋服・布生地・紙・古紙・硬質プラスチック・金属など

 

海外貿易リサイクル

家具全般・古家電・雑貨全般・食器全般・電子機器など

 

買取り品

価値がある物を何でも買取ります

 



 

貴金属・ブランド品・年式の新しい家具・家電・有価雑貨全般・有価電子機器全般など

 

処分品

リサイクルや買取りに該当しない物全て

 

供養品

仏壇、遺影、お札などの神仏系の物など

 

お客様確認ボックス

写真、アルバム、鍵、権利書全般、貴重品など

 

オラフの遺品整理では、打ち合わせの際に依頼者様で把握できていなかった可能性も考慮して『買取り品』『お客様確認ボックス』は最終お立合い時に依頼者様に物品の確認をしていただいております。その際に形見分けを行う方も多いです。その後依頼者様でいらないと判断した物は再度上記の通り分別を行い作業を完了します。

 

 

回収した遺品は何処に行く?

 

オラフで遺品整理を行った回収物のその後は以下の様にリサイクルされます。

 

ご遺品の行方

2019年現在の実績から申し上げますと回収した遺品の約90%前後がリサイクルや買取りに当てはまります。廃棄にあたる処分品は市区町村の『一般廃棄物』の許認可を取得している業者へと回収委託し、市区町村のルールに従い処分します。

 

遺品整理を行う時期

 

遺品整理を行う時期に特に一般的な理論はありません。あえて申し上げれば49日を終えてからの方が多いです。遺品整理は故人様の思い出のお片付けです。オラフでは依頼者様の心の準備が出来てからを推奨しています。賃貸住宅で退去などが関わらない場合であれば、いつまでに、どうするか、プランの形成をお勧めします。賃貸住宅の場合は退去日を決めて、逆算でのプラン形成がいいかと思います。

 

 

遺品整理業者を頼むメリットとデメリット

 

遺品整理サービスを業者に依頼する場合、1番のデメリットは『料金』です。引っ越し以上に大変な業種とされている分類の為、サービスは高額です。その逆にメリットは多く、手間や時間効率はもちろんの事、買取りや処分、リサイクルや遺品の供養でさえも数時間で全てが解決できてしまいます。費用は高いですが得られるメリットも非常に大きいです。

 

 

ゴミ屋敷状態で遺品整理は依頼できる?

 

足の踏み場がない、部屋に入れない、家にも入れないほどにゴミがたくさん。そんな状態でも遺品整理の依頼を丸投げできるのか、こんなお問い合わせを頂くことがあります。結論から申し上げますと『どんな状態でも依頼可能』です。意外に思う方も多いかもしれませんが、ゴミ屋敷状態でのご依頼は非常に多いです。住居にどこからも入れない、そんな状態でのご依頼も珍しくはありません。そんな時『どうしたらいいか分からない』方が大半です。状況とご希望をお伺いしながら適切なプランをご提案出来ますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

遺品整理の料金について

 

遺品整理サービスを検討する際に大切な事の1つに『料金』の事があります。

 

遺品整理の料金は主に3つの事を基準に料金をお見積りします。

 

 

遺品整理の料金が一般的に不透明の原因は住居の状況で料金が変動する為です。どちらのご自宅でも様々な状況と内容の為、物量が多い場合、はっきりとした金額は『現地無料お見積り』を行わないと算出できません。ですが11年間の実績をもとに、例えば以下のような料金表の一例を紹介します。

 

間取り

(目安)

作業時間

(目安)

料金

1K

1時間

¥29,000〜

1LDK

2時間

¥54,000〜

2LDK

4時間

¥99,000〜

3LDK

6時間

¥148,000〜

4LDK

8時間

¥198,000〜

5LDK

1日

¥248,000〜

 

料金の詳細を詳しく知りたい方はこちらの遺品整理の料金表を参考にしてください。

 

過去の事例とかかった費用もご紹介しております。詳しくは遺品整理の事例紹介をご覧ください。

 

 

どんな物が買取り可能なの?

 

『どんな物が買取り可能なの?』お問い合わせでよく頂く質問です。オラフの遺品整理は『価値がある物を全て買取り』致します。ジャンルに問わず一般的な雑貨品1個から家具、家電、家財全般、着物、骨董品、貴金属、ブランド品など何でも全て買取り可能です。過去の買取り事例も紹介しております。

詳しくは遺品整理の買取り事例をご覧ください。

遺品整理の際に買取りさせて頂いた中から特に高額な物や依頼者様がびっくりされるような物も紹介しております。是非参考にして下さい。

 

遺品整理で後悔させません

オラフの遺品整理では、内容、ペース、料金が全てお客様目線での考え方です。サービスの在り方と料金をお客様に押し付けるのではなく、細部にわたるご希望、ご要望をお伺いさせて頂き、その通りに作業をさせて頂く事をお約束致します。。遺品整理は引っ越し業者と同じく高額帯のサービスです。料金につきましてもご予算に限りがある場合は、お客様とお話し合いをさせて頂き、いかに費用を抑えてご一緒にお片付けが出来るのか全力で検討致します。決して利益至上主義に陥らず、本当の『ありがとう』を頂戴できるように頑張ります。是非お気軽にお問い合わせください。

『遺品整理の基本サービス一覧』

 

別料金の『オプションサービス』

 

別料金の『オプションサービス』


メール問い合わせ

電話問い合わせ

メール問い合わせ