賃貸アパートのゴミ屋敷清掃|遺品整理オラフグループ

 

賃貸アパートゴミ屋敷の片付け

 

アパートの画像

当社でもアパートのゴミ屋敷清掃の依頼をお受けする事は珍しくありません。内容は大きく分けて2つ。賃貸アパートをゴミ屋敷にされてしまったオーナー様からの相談。もう1つは入居者や入居者の家族からの相談になります。どちらにも共通して言える事は、集合住宅である為クレームやトラブルに繋がりやすいとゆう点です。そんな事にならない為にも、こちらのページでは対策方法を過去の事例に基づき紹介していきます。オーナー様へは入居者への対応方法を、入居中の方へはどうやって片付けたらいいのか、そして業者へ頼むと費用はどれぐらいなのか、解説していきます。

 

アパートゴミ屋敷の撤去費用

ゴミ屋敷の写真

まずは業者に頼むといくらかかるの?とゆう部分からです。アパートゴミ屋敷の場合、大半のケースでエレベーターがありません。入居中のお部屋が3階以上の場合、階段作業のウェイトが重くなる為料金は上昇傾向にあります。以上の内容からも、アパートゴミ屋敷の片付け費用は高額になる事が多い為、全てを業者に依頼するのではなく、自分でも片付けて一部業者を活用するのも1つの方法です。以下に全部片付けた場合の料金表と、定額のプランの料金表を記載しておきますので、業者を頼むか検討中の方は参考にして下さい。

 

全て業者が片付けた場合

間取り

(目安)

作業時間

(目安)

料金

1R

4時間

¥45,000〜¥145,000

1DK

6時間

¥90,000〜¥190,000

2DK

1日間

¥150,000〜¥270,000

3DK

1日間

¥220,000〜¥380,000

4DK

2日間

¥290,000〜¥500,000

5DK

2日間

¥380,000〜¥650,000

 

 

定額パックプラン

ゴミ屋敷定額プラン

車両

時間と物量

料金(税別)

軽トラ
(1名)

4時間(1.5立法)

¥45,000

1トン
(2名)

6時間(4立法)

¥90,000

2トン
(2名)

8時間(8立法)

¥150,000

 

 

アパートオーナー様へ

ゴミ屋敷の写真

入居者様がアパートをゴミ屋敷にしてしまった場合の対処法についてですが、入居者様がこれからも継続して住む場合、こちらは残念ながら有効的な対処法はありません。ですが、集合住宅なのでクレームやトラブルが発生している場合も多いかと思います。その場合には根気よく、継続的に説得をしていく他に有りません。賃貸アパート自体の所有権はオーナー様ですが、中の物の所有権は入居者様に帰属している為です。まずは入居者様とのコミュニケーションを直接とり、書面ではなく対面で話し合いをしていきましょう。どうしよも無い場合に限り、連帯保証人や地区行政への通報も検討してください。入居者様がお亡くなりになってしまった場合には、業者を頼むか、自分で片付けるかの2択となります。業者を頼む場合には上記の料金表を参考にして下さい。自分で片付ける場合にはページ下部の自分で片付ける方法をご覧ください。

 

 

アパートの入居者・又は遺族様へ

ゴミ屋敷の写真

当社がお伺いしてきた方々には、ゴミ屋敷のままでいい、とゆう方はいませんでした。そしてその『ゴミ』と呼ばれている物の中には必要な物、大切な物で溢れている事も分かります。ですが、アパートは集合住宅であり、賃貸物件です。借りている物である以上人の物ですので、少しの社会的ルールは守っていく必要があるかと思います。決して業者を頼んで一気に片付ける方法だけが手段ではありません。アパートの間取りにもよりますが、自分で分別やお片付けをしていく事も可能ではないでしょうか?オーナー様や近隣様は『このままだと不安』なので相談をしてきています。すぐには何もできなくてもいいと思います。きちんと今後について話し合う勇気をもって一歩踏み出しましょう。次に、親族のアパートの遺品整理・生前整理などをする事になってしまった遺族様。方法は2つです。自分達で片付けるか、業者を頼むかになります。以下に自分で片付ける為の方法を一部紹介します。興味のある方は是非ご覧ください。

 

 

自分で片付ける方法

 

 

ゴミの分別と処分

 

まずは積みあがったゴミを分別しながら袋に入れていく作業になります。これらは地区行政により分別のルールが異なりますので注意してください。燃えるゴミや燃えないゴミ、危険物やリサイクル資源などお住いの地区行政のホームページを確認し、必要な袋(ゴミ指定袋)を準備してから始めましょう。車をお持ちの方は、地区によっては環境センターへ直接持ち込みが出来る場合があります。まずは地区行政のゴミルールの情報整理から開始してください。

 

粗大ゴミについて

 

細かいゴミがある程度片付いてくると、次は粗大ゴミです。粗大ゴミもお住いの地区行政によりルールが激しく異なります。40センチ以上が粗大ゴミであったり、90センチ以上が粗大ゴミであったり、地区によっては10キロ以上の物が粗大ゴミであったり、ルールに統一性が有りません。『粗大ゴミ+〇〇市』このようにインターネットで検索をしてお住いの地区の粗大ゴミルールを確認し、適切に処分しましょう。

 

リサイクル家電

 

最後に大変なのがリサイクル家電です。指定4品目とも呼ばれる『テレビ』『冷蔵庫』『洗濯機』『エアコン』などが主で、類似の乾燥機なども含まれます。全国的に言える1つの事は、行政で受け入れている所はほとんどありません。自分で家電に当てはまった指定リサイクル券を購入し、指定リサイクル引き取り所へ自分で運搬するか、地区の一般廃棄物収集運搬業者へ直接依頼するかの2択でしょう。その場合も、決められた日。時間に玄関先まで出す必要がありますので注意しましょう。

お気軽にご相談下さい

オラフグループでは安心してご利用をして頂くために買取り、リサイクルに特化した『身内のような遺品整理』を目標として、ご相談者様のご希望やご予算に合ったサービスプラン作りを行います。遺品整理サービスをご利用される方のほとんどが初めての経験とゆうデータもある中で、大変な時だからこそ、少しでもお助けできる暖かいサービスを提供できればと思っております。11年間の実績で積み上げた安心、信頼のサービスをお届け致します。お見積りは無料です。是非お気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談・お見積り無料

 

 


メール問い合わせ

電話問い合わせ

メール問い合わせ